TOEICリスニング攻略法

TOEICリスニング攻略法はまず、マーキングを後回しにするということです。マーキングを後回しにする重要な理由は、リスニング問題の文頭の部分を絶対に聞き漏らさないようにするためです。英語の場合は、文法を見ているとよく分かると思うのですが、平叙文だったのか命令文だったのか疑問文だったのかという判断をつけるのは、ある程度文頭で決まっているのが分かると思います。
もちろんTOEICのリスニング問題は文頭だけを聞いたからと言って答えが分かるわけもなく、TOEICリスニング問題は文尾まで聞かないと分からない問題も多く、文尾だって重要なことには変わりはないのですが、しかし文頭でその聞かれることは命令なのか疑問なのかの判断はある程度つくでしょう。
しかもリスニング問題の文頭を聞き漏らしたばかりに、途中から聞いたとしても聞き漏らした文頭が気になり「文頭はなんと言ってたんだ?」とその問題の文頭ばかりを考えてしまい、後半の文章すらも冷静に聞く事が出来なくなる可能性も起こりえるのです。
そうなってしまうと、どんなに優秀な人であろうとも焦りが出て、正しい解答へは遠のいてしまいます。例えば応答問題のときに一般疑問の問題だったか特殊疑問の問題だったかは、文頭で決まっているのです。
まず、TOEICリスニング問題では、マーキングとリスニングの2つを分別することにより、答えを導くのに篩いにかけることが出来てしまうでしょう。どうしても私たちが使っている日本語は、最後まで聞かないと意味が分からない事も多々ありますので、リスニングは文頭への意識を持っていく事がTOEICのリスニングテストでは重要なことになっているでしょう。
その意識改革をしてみることこそがTOEICリスニング攻略のコツともいえます。


TOEICリスニング攻略のコツ

TOEICリスニング攻略法の第一に技術的な点を押えておきましょう。簡単に要領を言っていまいますと、マーキングによる解答用紙に回答を記入する際、マーキングでよく時間をかけて塗りつぶしている人も見かけますが、そんな塗りつぶしは後回しにしてしまいましょう。
問題中は、解答と思う場所に軽くチェックをつけておくだけでいいのです。塗りつぶしに費やす時間なんてもったいないだけです。塗りつぶしは後からでもできますが、リスニングは一回のみです。見渡してみると、結構な人がリスニングテストの最中にもかかわらず、塗りつぶしに貴重な時間を割いているのを目にしてしまいます。塗りつぶすことに神経を使ってしまうと、次の問題の聞き取りに影響は少なからず出てきます。
リスニングでは、1回しか読み上げないので、その音声問題をあなたの耳で聞いて判断して、直接解答用紙のマーキングしていくわけですから、まず聞く準備が出来ていないことには、TOEICのリスニング問題は始まりません。
たまに早く塗りつぶせるように練習しておきましょうと聞いたりしますが、塗りつぶす時間がもったないです。TOEICのリスニングテストは、塗りつぶすのが目的な訳ではなく、問題を聞き取り、即座に判断して解答をすることが目的な訳なのです。
TOEICリスニングのコツと言うことにもなるかも知れませんが、塗りつぶすことにあまり意識せず、聞くことに対する意識もって、答えを判断することだけに集中するようにするのです。
もし、他の受験者が問題間で塗りつぶしているとしても、あなたは常にリスニングを聞き取る体制を取っておけば良いのです。塗るつぶしは後回しにして、文頭を聞き逃さないこれがTOEICリスニング攻略といえます。

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2017/5/22