TOEICのリーディング問題の攻略方

TOIECのリーディング問題の攻略の基本となるのは「スピード」です。
試験時間は75分あるのですが、問題数が100問という多さがあるため、最後まで終わりきれないという人も沢山いるでしょう。
見て分かるとおり1分1問では到底追いつけないのです。
とにかく問題文が膨大で文章も長く、全文を読むのに時間が掛りすぎてしまうという経験は、TOEIC受験をした事がある方ならば、一度は考えたと思います。特にPart7の読解問題に苦戦する人が多いように感じます。
TOEICリーディング問題の攻略ポイントは、いかに速く問題を読み、内容を理解し、解答を行えるかにかかっていると思います。
そのスピードを手に入れるためには、英文を読んだあとに、日本語に翻訳し直して考えていては間に合いません。英語の質問に英語のまま理解できるレベルまで持っていかなくては、リーディングセクションのスコアアップは難しいといえます。
そこで下記にTOEICリーディングの3つの攻略方法をご紹介します。


1.文法問題を早めに済ませ、長文問題の為の時間を確保

TOEICリーディングでは、まずペース配分について考える必要があります。TOEIC受験者の多くはがリーディングセクションの時間配分で悩まされると思います。Part6,Part7の長文問題を解くまでの時間が足りないのはみんな共通の悩みなのです。
できるだけ多くの時間を長文問題に割けるようにするためには、文法問題をいかに早く終わらせるかが重要になってきます。
何回も受けている方はお分かりと思いますが、文法問題、語彙力は問題の練習を重ねておけば誰でも簡単にクリアできる問題がそろっています。
後半に時間を取りたいと思うのであれば、まず文法問題の攻略に力を入れると良いでしょう。
ここをいかに速く終わらせることができるかどうかによって、長文問題を解く時間をどのぐらいまわせるのかが決まり、余裕ができれば全体的なスコアアップにも繋がります。


2.速読の基本は「前から読む」

英語を英語のまま理解すると聞くと、難しく捉えられがちですが、実は慣れてしまえば意外と簡単にできるようになるのです。
日本人は中学高校の文法、構文を中心とした英語教育を教えていますので、英語を日本語に翻訳して理解するクセがどうしても付いてしまいます。
そのため、英語独特の言い回しを理解するために、「英文のうしろの方に書いてあることを前に持ってきて」という解釈になってしまいがちなのですが、その方法ですと読解速度は上がらないでしょう。
ネイティブな英語は、決して一度後ろに戻ってから理解するというような作業をしていないので、日本語と同じような感じで、「英語は前から読む」「前から、そのままの順序で理解する」ということを、意識的にやっていくと驚くほど読解速度があがります。
英語上達の最大の秘訣は、日本語脳になってしまっている脳みそを、英語脳にしてしまうことなのです。
しかし、昔から教えられてきているので、英語脳を作るのはそれほど簡単なことではありません。そのためにも努力と訓練が必要になってきます。
それは日頃からどれだけ多くの英文を読むかという地道な努力により徐々に英語脳になっていきますので、通勤時間、通学時間、帰宅後、就寝前など、自分の生活ペースの中で意図的に英語を組み込む時間を増やすようにすることが大切です。


3.リーディング・リスニング・スピーキング は三位一体

リーディングの力をつけていけば、それにあわせてリスニング力も自然に向上していきます。その逆もありで、リスニング力が上がればリーディング力も上がります。
また、TOEIC試験の点数には入っていないのですが、なんとスピーキング力もアップします。
読む・聞く・話すは三位一体なのです。なので、「見ざる・言わざる・聞かざる」では駄目です。
人間の脳は目、耳、口のどれか一つから得た情報だけよりも、複数から得た情報があった方が、記憶の中で深くなるという事実は脳科学の分野でも証明されています。
TOEICリーディング対策のためだけに英文をひたすら読むだけでなく、読んだら可能な限り発音し、英語を聞いてシャドウイング(聞いた直後に口に出して発音する)するという事を習慣付けることが結果的には最強のTOEIC勉強法になるという事に気づいてもらいたい。

recommend

ボールペンに名入れを施す

2018/11/15 更新